はじめて学ぶ 世界遺産100 世界遺産検定3級対応/世界遺産検定事務局

¥1,890
Amazon.co.jp

今回は趣向を凝らして、世界遺産検定の紹介

【世界遺産紹介】
みなさん、世界遺産検定ってご存じですか?
http://www.sekaken.jp/
(2006年にスタートしてからこれまでに延べ2万5千人以上が受検し、認定者は約1万人にのぼります。3級、2級、1級、最上級のマイスターと4つの級に分かれており、現在、年に2回実施されています。)

簡単に言うと、「世界各国で登録されている世界遺産に関する基礎知識、歴史を問う試験」です。

去年、ふと受けたくなって、2010年11月の2級試験を受け、合格しました。

それだけじゃ、飽き足らず1級を今年受けようと思っています。

<世界遺産検定を受けたいと思った理由>

①「レバレッジ」で有名な本田直之氏も世界遺産検定を受けており、興味を持っていたから。

②一年に一回、海外旅行に行くが、いつもただきれいだなーって思って世界遺産を見ていたが、その歴史背景を知ってみていたら、もっとおもしろいだろうなーと思ったから。

ここで、みなさんよければ考えてみてください。

①日本の世界遺産はいくつあるか知っていますか?

②日本の世界遺産にいくつ行ったことがありますか?

本田直之氏も言っていますが、日本人は他の国の人に比べ、自分の国を知らな過ぎと言っています。

世界遺産検定は3級、2級、1級、マイスターとありますが、

今回紹介しているのは、3級の公式テキストです。

3級は特に有名な世界遺産100箇所の中から出題されます。実は、合格率は80%程度もあり、

ちょっとした勉強で合格圏内に入ることができます。

2級はそれに対し、世界遺産300箇所の中から出題され、合格率は40%程度。それなりに勉強しないと

合格しません。

非常におもしろい検定だと思います。これからたまに世界遺産関連の本を紹介したいと思ってます。

ちなみに、①の答えは2010年8月現在、14箇所です。

代表的なものでいえば、

姫路城、原爆ドーム、厳島神社、屋久島などです。

【こんな人にオススメ!】

■世界史が好き!

■海外旅行が好き!

■外国人との会話でのネタがほしい!

【検定を勉強して行ってみたいと思ったところ】

・アンコールの遺跡群(アンコールワットとか)

・隊商都市ペトラ(インディ・ジョーンズ最後の聖戦の舞台)

・チチェン・イツァの古代都市

読者登録してね