過去に知恵袋であった質問に補足ですが、日本で原爆の研究は理化学研究所の仁科研で行われていたのは事実です。すべてベストアンサーの通りですが、「ウランの濃縮が上手くいかず」ではなく、理研にいた身内から中学生の頃、直接聞いた話では、「明朝、ガス〜法によって濃縮が成功したかどうか調べる」という夜、東京大空襲があり、成功したかどうかは永遠に分からなくなった。」というのが真実のようです。研究者が放射線で免疫になったという話はありません。広島の惨状を見てくるように命じられ、原爆だと直感したため町には出なかったといっておりました。日本理科教育に貢献して93歳で逝きました。