侍戦隊シンケンジャーも今日で最終幕となりました。

最初はって思いっきり書かれたマスクデザインをはじめ、

レッドが殿っていう設定にすごく驚いたんですが、

(しかも後に影武者だった事が判明!!)

陣太鼓とともに黒子ちゃんが陣幕をはり、

それが開くと袴姿の5人が立っている・・・



そんなどこまでも和テイストを貫いた舞台設定と、

キャストさん達の熱い芝居が最後まで盛り上げてくれたと思います。



1年間本当にお疲れ様でした!!





シンケンレッド/志葉丈瑠 演:松坂桃李

TORI MATSUZAKA 1stDVD トオリミチ
TORI MATSUZAKA 1stDVD トオリミチ




TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2010-03-21

売り上げランキング : 285



Amazonで詳しく見る

4人の家臣の命を預かる殿として、

そして、志葉家の姫の影武者として・・・という難しい立場を、

すごく好演していたと思います。

クールでかっこいいレッドっていうのも新鮮でした。

乗馬しながらの殺陣とか相当練習されたのでは?と思います。

かっこよかったし、時折見せる優しい笑みがかわいかった♪





シンケンブルー/池波流ノ介 演:相葉弘樹

相葉弘樹ファースト写真集「Prism」
相葉弘樹ファースト写真集「Prism」




学習研究社 2009-03-05

売り上げランキング : 25748



Amazonで詳しく見る

レッドがシリアスなら、こちらは堅物でどこかズレたブルーって事で、

すごくいい味を出していたと思います。

No.2としての実力は十分あるけど・・・クソ真面目で頑固で、

世間の常識とはどこかズレてる。

そんなシリアスだけどかなり抜けてるキャラが面白かった!

自由に遊べるポジションで面白かったんじゃないかな?





シンケンピンク/白石茉子 演:高梨臨

高梨臨 ファースト写真集 Rin
高梨臨 ファースト写真集 Rin




角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-10-21

売り上げランキング : 4121



Amazonで詳しく見る

お姉さん的なポジションで全体を見ている感じで、

直線的な感情表現ではなく、

言葉の端々から茉子という存在を感じさせる・・・

察するにかなり難しい役どころだったんじゃないかと思います。

レッドの隠された本音の部分にも気付いてしまう、

ともすれば嫌な女にも見えてしまうのですが、

そこはやっぱり高梨臨さんの魅力がそうさせない・・・みたいな♪





シンケングリーン/谷千明 演:鈴木勝吾

スーパー戦隊シリーズ 侍戦隊シンケンジャー VOL.4 [DVD]
スーパー戦隊シリーズ 侍戦隊シンケンジャー VOL.4 [DVD]


石ノ森章太郎



TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-10-21

売り上げランキング : 656



Amazonで詳しく見る

最初はメンバーの中で一番のオチこぼれだったのが、

紆余曲折を経ていつしか一人前の戦士への成長していく・・・

ある意味一番ヒーローっぽかったのがグリーンだったと思います。

チャラチャラしていた千明がどんどんかっこよくなっていったのは、

単純に千明の成長というだけでなく、

役者 鈴木勝吾さんが成長したって証な気がします。





シンケンイエロー/花織ことは 演:森田涼花

森田涼花写真集「はんなり涼花」
森田涼花写真集「はんなり涼花」




ワニブックス 2009-10-10

売り上げランキング : 5920



Amazonで詳しく見る

シンケンジャーのマスコット的な存在で、

唯一、京なまりの女の子。

「ウチ、ホンマにアカンから・・・」とすぐに自己否定してしまうけど、

実は一番芯が強いっていうキャラが、

違和感なくすっと入ってきました。

殿様の為に一生懸命で、本当にかわいらしかったと思います。





シンケンゴールド/梅盛源太 演:相馬圭祐

スーパー戦隊シリーズ 侍戦隊シンケンジャー VOL.6 [DVD]
スーパー戦隊シリーズ 侍戦隊シンケンジャー VOL.6 [DVD]


石ノ森章太郎



TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-12-11

売り上げランキング : 474



Amazonで詳しく見る

最近の戦隊シリーズではお約束の追加メンバーですが、

とにかくテンションが高い寿司屋っていうぶっとんだ設定をひっさげて、

がっつり引っ掻き回してくれたと思います!!

で、何がすごいって表情の変化がすごくて、

ほとんど顔芸かってぐらいコロコロ変わる表情がよかったです。







と、シンケンジャーを支える魅力的な主役陣を紹介してきましたが、

彼らキャストさんだけでなく、スタッフさん達の力が合わさってこそ、

これだけ面白く、これだけ魅力的な作品が生まれたんだと思います。



シリーズ33作目にして、戦隊シリーズ史上最高と言っても過言ではないぐらい、

本当に面白かったです。