https://pbs.twimg.com/media/B-TAr4qIUAEsiDb.jpg

でも一番驚いたのはロッジの門番。マサイ族の一部は耳たぶに大きな穴を開けている。彼は そこに携帯電話を挟み込んで、手放しで会話を続けていた。伝統文化と現代技術の融合。不 便な点を尋ねると「着信音がうるさいことかな」と笑った

 朝日新聞の三浦英之さんのルポが、またはじまった。

 今回は面白いところに目をつける。

 マサイ族の携帯の使いかたである。

 ホー、ってなる。

 これもライターアイである。